カルティエという時計ブランドについて

女性の憧れ。婚約指輪でもらいたいブランドといえば… という宝飾の印象が近年では圧倒的なブランド、カルティエ。
1847年にフランスで設立されたカルティエは、「王の宝石商、宝石商の王」と言われています。
実際 1847年の設立以来、国の王をはじめ 世界中をそのカルティエのセンスで魅了してきました。
そんなジュエリーの印象が強いカルティエの時計は、一言でいうならば「スタイリッシュ」でしょうか。
カルティエの腕時計のコンセプトは、「時代を先取りする時計」と唄っています。買取はこちら
さらに、大胆さと情熱にエレガンスを融合させるという カルティエならではの芸術的なデザインになっています。カルティエは腕時計界に「スタイル」をもたらせたパイオニアであると カルティエは誇っています。
デザイン性だけではなく、機能でも最先端のテクノロジーを追求するストイックさも持ち合わせています。
そのテクノロジーとデザインの融合は、カルティエは ある意味では唯一無二のオーラを放っています。
カルティエは、この精神を「情熱の仕掛け」(mechanics of passion)と呼び 時計を動かす原動力がパッションだと語っています。
カルティエにしか出来ない腕時計。情熱で動いているラグジュアリーかつハイテクノロジーな腕時計は 魅力的です。
いつか「王の腕時計、腕時計の王」と言われる日がくるかもしれません。
「スタイル」のある腕時計、それがカルティエです。
(ウォッチファンとは、時計の大手の買取サイトの事です。)
2014年6月26日 コメントは受け付けていません。 アパレル